2013/8/28(水)の放課後クラブにて、
三渡洲先生二回目のご指導

2012/4/22第一回『三渡洲先生とやってみる?フットサル』
第65回高校サッカー選手権決勝 国見-東海第一アデミール・サントス
(帰化前のお名前です) 伝説のバナナシュートです。※2分頃
右の澤登、左のアデミール・サントスが国見を圧倒した、静岡県勢栄光の
決勝戦でもあります。

第一回「Number Futsal Cup」ご報告
2014年12月23日(祝・火)、調布味の素スタジアムで初開催された
スポーツ誌「Number」さん主催「Number Futsal Cup」に参加しました!
静岡から川崎を抜け調布入りし、神奈川と東京在住のけろけろスターズ(大人げないズ)を加え総勢13人で初の県外大会に挑戦!あらゆる垣根を超えた大人と子供男女一体という、創立時から描いていたけろけろ理想のチームで臨みました。
味の素スタジアム入りしたらビックリ。全座席、ピッチ周り、盛り上がりを見せる本部席…Jリーグで使用している本格スタジアムを贅沢に・ふんだんに使いモチベーションはMAX状態に!

ウォームアップを終えピッチに降りてみたらこれまたすごい!サッカー用の天然芝の周囲を使い、なんと8面の人工芝コートで同時に試合は行われ、51チームが前後半なしの7分1本勝負で目まぐるしく入れ替わる場内は壮観でした。

僕らけろけろクラブは14チームを2グループに分けたエンジョイミックス部門に参加。今までの大会のような男女6人(女性が抜けた場合5人)制だと認識していたのですが、いざ試合という時に女性絶対出場の5人制と発覚し、”巧誠くんママ” こと岩堀さんは初めての公式試合で6試合フル出場というとんでもない事態に!
(岩堀さん、無茶ぶり本当にすみませんでしたm(_ _;)m)
用意していた作戦も何もなくなったので、「とにかくみんな出よう!モチベーションの高さを活かしてガンガンやろう!楽しもう!」と割り切って試合を進めていく中で、なんと今後のけろけろクラブの方向性を決定付ける「けろけろスーパーローテーション」が完成(・o・)! ”出たい選手から並ぶ” ”試合を見ながら誰と交代するか自分で決める” をモットーにGK中山さんと岩堀さん以外のポジションはグルグルグルグル交代。出場時間は大人も子供も同じくらいでした。

この実にけろけろクラブらしいやり方で6試合中1勝1分の成績をあげることができ、大変嬉しかったです。垣根なく楽しむことと勝負は一体化できるんだと確信しました。この日得たものは間違いなくけろけろクラブの今後に繋がっていきます。
Number編集部様、このような刺激的かつ素敵な機会を頂き本当にありがとうございました!!第二回の開催を心待ちしております。その時はこの日の手応えを基に進化を遂げたけろけろクラブの姿をお見せします! (手塚)

第一回「エスパルスハートフルカップ」ご報告
2014年10月19日(日)、エスパルスドリームフィールド静岡にて
精神障害と知的障害が一体となった念願のフットサル大会
「エスパルスハートフルカップ」が開催され、けろけろクラブも参加しました。
大会終了後、参加者みんなで記念写真。合言葉は「笑顔キープ!!」
その日夕方のSBS NEWSにて紹介されました。
静岡新聞さんの記事です。
主催者の山本さんはこの三年間とても熱心に動いてくださいました。どうもありがとうございました。

■大会レポ
大会当日は最高の天気、エスパルスドリームフィールド静岡の最高のピッチ、適度にゆるくリラックスでき、参加者みんな笑顔が溢れた最高の環境でした。

けろけろクラブは今回中学生の真琴くんも初参加!フットサルの試合も初めてという中、積極果敢にプレーしてチームに勢いを与えてくれました。
4チームずつ2グループに分かれたグループリーグで1勝1分け1敗の成績で、得失点差の関係で残念ながら5-6位決定戦に回ることになり、最終戦はボランティアチームが相手ということもあり思い残すことのない戦い方で臨んだ末玉砕(笑)最終順位は6位でした。

ただ僕達の方のグループリーグは本当に激戦で、0-3で敗れた相手は大会を通じて終始圧勝していた優勝チーム、引き分けた相手は最後4位とはいえ3位決定戦の相手と20-21くらい(うろ覚え)のすさまじいPK戦を繰り広げたチームでしたので、実力で劣っていたとは思いません。今回の収穫を糧に、今後の大会(まずは12/23のNumberFutsalCup!)でより成長した姿をお見せしたいと思っております。

結果以外にも、疲れた時や焦った時のラフプレーを激減させること、大会を明るく元気に盛り上げることという掲げていた目標を達成でき充実感があります。
そんな総合力がウリのけろけろクラブらしさを成長させていきながら、どんなアウェーの地でもみんなに元気と感動を与えることができるようにしたいと願っております。けろけろクラブ、がんばります!!

2013/12/29、斉藤俊秀さんと最高に楽しい夢のような時間を過ごすことができました。
みんなで記念写真!クリックで拡大します。
斉藤俊秀さん、本当にありがとうございました。

2013年度スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム継続助成に選ばれました!

2012年度贈呈式 http://www.youtube.com/watch?v=uBIIFquax5Q
2011年度贈呈式 http://www.youtube.com/watch?v=7Y78mMbjUiA
■2013年度スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム公式サイト
http://www.sumitomolife.co.jp/csr/kouken/kenkou/sport2013.html
2012年度に引き続き、2013年度スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラムにNPO法人生きる生き­るの活動事業『けろけろクラブ』が継続助成として選ばれました。
贈呈式は2013年9月28日(土)­にホテルニューオータニで行われ、NPO法人生きる生きる代表の手塚恵美子と『けろけろクラブ』部長の手塚大己が参加しました。贈呈式の様子がYouTubeでご覧頂けます。

2013/1/8静岡新聞朝刊・地域欄で昨年12月の南三陸町での活動と今後の被災地との関わり
(南三陸町の食品PR・販売促進など)について記事になりました。ぜひご覧ください。


やってみよう!みんなでフットサル『けろけろクラブ』

障がいのある子も、女性も高齢者も、みんなが楽しめるフットサルクラブをつくりました。
それぞれできる範囲で目一杯体を動かし、ボールを蹴り、音楽に合わせて応援することで心身の向上をはかります。
選手としてでも、鬼ごっこのような感覚でも、コーチとしてでも、応援団としてでも、いろいろな形で楽しめます。

ぜひお気軽にご参加ください。
※参加申込み・お問い合わせのフォームはこのページ下部にあります。

主な活動

毎月第2・第4水曜日の『放課後クラブ』と、日曜イベントの『やってみる?フットサル』を行っています。
放課後クラブ…体操あり練習ありミニゲームありの、放課後の時間に楽しみながら運動とフットサルをきっかけとした向上をはかります。16:30〜17:30

※雨天・悪天候の場合は当日午前中に可否を判断し、HPトップに掲載します。ネットに繋がらない場合は携帯から当HPをご覧頂くか、下記の連絡先もしくは携帯080-6758-1931(手塚部長)にお問い合わせください。

やってみる?フットサル…誰でも気軽にフットサル!日曜イベントです。
10:00〜12:00

場所:焼津市フットサル倶楽部※地図
奥側Cコート(放課後クラブ)/正面Aコート(やってみる?フットサル)
参加料:一回1000円
服装:動きやすい服装、運動靴(スパイク不可)
持ち物:帽子、水筒、タオル、上着(羽織るもの)、着替え
※人工芝の性質上スパイクは使用できません。シューズでの利用をお願いします。
※多少雨のぱらつきがあっても行います。中止の際はHPにてお知らせします。

平成23年度・平成24年度 焼津市市民まちづくり活動事業
2011年度・2012・2013年度スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム対象事業

連絡先

NPO法人生きる生きる『けろけろクラブ』
〒425-0071 静岡県焼津市三ケ名1133
TEL&FAX : 054(629)3838
メール:info@ikiruikiru.com
WEB:http://kerokero.ikiruikiru.com
生きる生きるWEB:http://ikiruikiru.com/


Picture

    お問い合わせフォーム

PHOTO ALBUM

2011/5/3に行われた、初イベント『やってみる?フットサル』の様子です。

MAP

Picture
焼津フットサル倶楽部
http://www.yfc.ne.jp/
〒425-0051 静岡県焼津市田尻北1122-1
TEL: 054(625)0011 FAX: 054(625)0012 
■焼津駅より、静鉄バス和田浜線(3番線)にて「和田橋バス停」下車
  (所要時間約20分)
■東名焼津インターより車で約15分
■東名吉田インターより車で約25分
©KEROKERO LEAGUE&NPO IKIRUIKIRU since 2011